フランスの金平糖

画像

本日もご来店いただきまして、誠にありがとうございます。

 

洋菓子のおいしい国といえば、フランスだと思われる方は多数いらっしゃると思います。

そのフランスにも金平糖のようなお菓子{コンフィズリー(カンディフロー社)}があります。

最近、日本の百貨店でも販売されるようになり、身近でいただけるようになり、皆様もご存じかもしれません。

CANDIFLOR

カンディフローは1818年フランス南西部Toulous/トゥールーズ(スミレの首都・バラの都市と呼ばれる) で世界で初めて花や草木を洗練された砂糖菓子(フランス語でコンフィズリー)に変化させた 由緒あるメゾンです。 花は冬と春の初めに採られます。花の茎、幹、柄等を取り除いた後、洗浄そして乾燥させます。 これをシュガーシロップに漬けれると魔法が起こります。 容器の中で、乾燥用の網に置けるよう冷凍された砂糖を吹き付けて固めます。 この後、脱水します。 花は年間を通して保存出来るよう、湿気を避けた状態で保管されています。

私はローズを朝起きたら、いただきます。

中にローズの花とシードが入っており、とても優雅な気持になります。

ぜひ一度お試しください。

そして日本の金平糖と比較してみてください。

 

またのご来店、心よりお待ち申し上げております。

 

« »

 

お問い合わせ

 

はじめに戻る